ざっくんのブログ

育児休業中の多動男性のブログ(男目線で気づいたことや日々の行動を綴ります)

シンガポールに乳幼児と2週間泊まる

スポンサーリンク

この間飛行機について書いたので次は滞在先について書いてみようかと。

 

www.yoshitsugumi.com

 

ちなみに9月18日に帰国してますが、ブログに画像がアップロードできないとか家の無線LANルータ壊れたとかでなかなかブログを更新できてませんでした。(という言い訳)

 

 

 

滞在先

泊まっていたのはこちらです。

Thanksgiving Serviced Residence

 

Airbnbで予約して泊まりました。

だいたい日本円で2週間20万円くらいだったと思います。

 

部屋

Airbnbの写真みたらだいたいそのままですがどんな感じで過ごしていたのかなども書いておきます。

 

全体感

f:id:yoshitsugumi:20191006230756j:plain

こんな感じです。

 

写真を撮っているのは玄関方面から。

左手前に浴室があります。

 

真ん中に写っているプレイマットは日本で買って持って行きました。

 

結局ここからハイハイですぐはみ出てはいましたがオムツ替えしたり遊んだりする場所としてかなり重宝しました。

 

ベビーベッド

f:id:yoshitsugumi:20191006231817j:plain

 ベビーベッドは予約するときにリクエストしたら宿のオーナーさんが入れてくれました。

 

結構深めのやつで中に入れるときに腰にくる感じでしたが、本人は側面のネットを押したり、開けられる部分から這い出てくるのが楽しいようで満足していました。

 

ランドリー/キッチン

f:id:yoshitsugumi:20191006230830j:plain

キッチンは普通。

 

大体のものはIKEAで揃えてありました。

 

一応、まな板や子供の口に入るものは日本から持っていったものを使いました。

 

ケトルの中が錆びているのが気になったので鍋で沸かして魔法瓶で保温して使っていました。

 

 

部屋で一番感動したもの、それはランドリー。

 

40-90度のお湯で洗濯ができるタイプでして、40-60度くらいで洗濯していましたが、日本で半乾き臭に悩まされていたタオルやシャツが一発で臭くなりました。

 

まじで、日本の洗濯機もお湯がデフォルトになるべきです。

 

乾燥機も何気に便利でした。

 

ただ、乾ききらないものなどもあったのでそれは部屋の中に設置した物干しにかけていました。(かけた後の方が湿っていた気もしますが、多分気のせいだと思いたい)

 

ゴミ

f:id:yoshitsugumi:20191006230806j:plain

オムツは日本から持参したポリティッシュに二重にして大きい袋に入れてました。

 

 余談ですがこれオススメです。

NICU時代病院で使っていたので家用に購入しましたがたくさん入っていて1枚1円以下なのでコスパがいい。

 

ただし、離乳食始まって大の臭いがきつくなってきたので、最近は消臭袋にしようかどうか悩み中です。
 
 
ゴミ箱は実はシンクの下にもあったんですが、後述の理由によりあまり使ってませんでした。

冷蔵庫/離乳食

f:id:yoshitsugumi:20191006230846j:plain
普通の冷蔵庫です。よく冷えます。 

 

 

f:id:yoshitsugumi:20191006231028j:plain

こういうのにおかゆを入れて凍らせて食べさせてました。

 

当時は2回食だったので朝と夕方のみ。

 

おかゆ+タンパク質+やさい。 

 

鶏肉や人参、かぼちゃ、豆腐は現地スーパーに売ってるのでそれで離乳食を作っていました。 
 

風呂/トイレ

f:id:yoshitsugumi:20191006231117j:plain

f:id:yoshitsugumi:20191006231129j:plain

普通です。

 

風呂はシンガポールにはほとんど浴槽がないらしいのでどこもこんな感じだそう。

 

子供を洗うときは床に座って洗ってました。

 

玄関

f:id:yoshitsugumi:20191006230745j:plain

玄関っていうかなんていうか。

 

靴は脱ぐ感じで、土間的なところはないのでなんとなくベビーカー付近を土間と考えてその辺に靴を脱いでいました。

 

右側にあるのが収納でかなりたっぷり入れられました。使わなかったけど金庫もあった。

 

部屋の問題

f:id:yoshitsugumi:20191006230946j:plain

まずはこの写真を見てください。

 

そう、この建物、窓の外を植物の蔦(つた)がはっています。

 

植物があるということは虫がいる。

 

ただ、シンガポールと日本の虫事情は大分違います。

 

シンガポールは蚊などによる伝染病対策に力を入れていて、定期的に殺虫剤を散布しているそうで、基本的にはどこにいっても虫には出くわしません。

 

蚊にも1度しか刺されず、奥さんと「植物はどうやって受粉しているんだろうね」といつも心配していました。

 

そんな殺虫剤地獄のシンガポールで生き残る虫はほぼ3種類に限られます。

 

  • G
  • ヤモリ(虫じゃない)
  • アリ

Gは今回の滞在中一度も見ませんでした。

 

駐妻ブログとかだとダストシューターが室内にある場合はやばいとか書いてありましたが、現地に住んでいる友人曰く「Gは野外で見るもの」とのことであんまり心配しなくてもいいのかもしれない。知らんけど。

 

ってことで今回部屋に出たのはヤモリ(小)とアリ(大小)です。

 

ヤモリちゃん可愛い。

f:id:yoshitsugumi:20191006230617j:plain

 

部屋について窓開けたらしょっぱないたのと、帰る前の日に一匹見ました。

 

同じ子かもしれません。まぁ彼(彼女)は可愛いので別にいいです。

 

 

問題はアリ。それもでかい方。

 

事前に調べた感じで部屋に出るアリは小さいやつだと思っていたんですが、この部屋は外の植物のせいか室内に出るアリのサイズがやたらデカかったです。あと動きがめちゃくちゃ早い。そして数が多い。

 

写真は撮りませんでしたが、日本で田舎育ちの私が、今まで見た中で一番でかいアリだと思うので大きさは察してください。

 

彼らの主な出没場所は台所シンク下とトイレ付近。

 

シンク下については、というかそうじゃない場所もそうなんですけど、日本の住宅と違って全く密閉されていないので基本的に虫は入りたければどこからでも入ってこれます。

 

シンク下は特に配管を通すためにやたらとでかい穴が空いていたのでそこからアリが入ってきていたと思われますが、なんでここが多いのかというと多分生ゴミの臭いなんじゃないかと思います。

 

シンク下にゴミ箱がありましたが、最初に開けたとき何も入っていないにも関わらず甘いような、発酵したような、虫が好きそうな匂いがしていたのでそれを目指してアリはきているのではないかと。

 

なのでここにゴミを置くのはやめて、匂いが出そうなもは袋に入れて結ぶ、酒瓶はハウスキーピングの日まで冷蔵庫に入れておくなどしてました。

 

 

トイレ付近はおそらく排水用の穴から登ってきていたのではないかと思いますが何を目指してきたのか?

 

これまたおそらくですが、アンモニア臭を目指してきていたのではないかと思っています。なぜならトイレした後見る確率が上がるから。知らんけど。

 

 

彼ら、集団行動が好きなようで、大体10匹とか単位でいます。

 

対処はどうしたのかというと、見つけたら都度ティッシュで◯るという原始的な方法。

 

最初の頃、枕元まで進出してきたりもしたので内心発狂ものでしたが、幸い噛まない系のアリだったのか運が良かったからなのか噛まれたりはなかったのでちょっと慣れている自分もいました。嫌だったけど。

 

立地

日本でいう渋谷なのか新宿なのかっていう、オーチャードストリートに徒歩でいける場所でした。(最寄り駅はサマセット駅)

 

歩いて5分ほどで現地スーパーもあり、その横にはホーカーズ(ローカル料理のフードコートみたいな、安い)もありでゆるっと過ごすにはいい感じの場所でした。

 

周囲は高級住宅街な感じで夜も静かでした。

 

 

設備

f:id:yoshitsugumi:20191007005513j:plain

プールとジムがあります。

 

白人の方はプール好きですよね。プールっていうか日焼けっていうか。

 

私は一度も入りませんでしたが、割と入っている人多かったです。

 

ジムはランニングマシンがメインといった感じで、写真がないですが一台だけウェイトマシンがありました。あとは8kg,5kg,2kgのダンベルが2個づつ。

 

マシンは上半身(胸、背中、肩、腕)がメインで、足はレッグエクステンションくらいしかできそうにありませんでした。

 

シンガポールのジムあるあるなのか、ここが特殊なのかわかりませんがairbnbで見た感じフリーウェイトが充実しているところはあんまりなさそうだったので下半身は自重で頑張るとか、アイソメトリックを取り入れるとかしないと厳しそうです。

 

 

ロビーには自由に使える大きいテーブル+電源があり、そこで日本とオンライン会議もできました。

 

その他

f:id:yoshitsugumi:20191007010338j:plain

リス気持ち悪いっすよね。

 

 

次は食べ物など書くかもしれない。