ざっくんのブログ

育児休業中の多動男性のブログ(男目線で気づいたことや日々の行動を綴ります)

乳幼児と飛行機

スポンサーリンク

2019年9月3日からシンガポールに来ています。

 

今回は乳幼児を連れての飛行機の話。

 

 

搭乗前

まず、expediaからANA-841便を予約しました。

 

次に「ANA ベビーベッド」で検索。

 

ヒットする以下ページへ飛び、連絡先に電話。 

www.ana.co.jp

 

そしてベビーベッド(バシネット、コット)をお願いしたい旨を伝える。

 

expediaから予約した時にすでによくわからん席の予約になってたけどこのタイミングで座席を変更してもらえました。

 

出発の48時間前までに連絡する必要があるので注意。

 

ついでに、食べない時間帯に飛行機に乗るけど、一応ベビーミールも頼みました。

 

搭乗手続き

f:id:yoshitsugumi:20190910233451j:plain

今回は羽田からのフライトです。

 

と言うか成田って人生で多分2回しか行ったことない気がする。遠すぎて行きたくない。

 

で、いつもはバックパック一つで、機内持ち込みだけで旅行するんですが今回は乳児連れと言うことでオムツやミルクや着替えやタオルやで大荷物。

 

当然機内持ち込みできないので預けるんですが、あんまり預けたことがないのでダメって言われるかとも思いましたが、5個の荷物、結構おっきいのがあっても普通に預かってもらえました。さすがANA

 

あ、ちなみに書き忘れましたが羽田までの移動はJR→京急で朝6時台に乗ったんですが、通勤ラッシュ前にも関わらずぎゅうぎゅう詰めで、今の所旅行で一番辛かったのがこの電車でした。

 

後は手荷物検査して搭乗を待つだけなんですが、私は諸事情あり一旦家族と別れて川崎警察署へ。

 

搭乗手続き後に空港を離れるのも人生初でした。今回初物が多い。

 

用事を済ませて戻ってきてゲート付近で家族と再会。

f:id:yoshitsugumi:20190910234447j:plain

寝てました。

 

やばい、抱っこ紐で抱っこして寝てもらおうと思ってたのに今寝たら寝なくなる。

 

ってことですぐ抱っこ紐に変えましたがスッキリ爽快に起きてしまってそのまま搭乗となりました。

 

搭乗-離陸前

また初ですが、優先搭乗をさせてもらいました。

 

しなくてもいいかなぁって話してたんですが、なんとなくやってみようってことで先に入れてもらうことに。

 

並ばなくていいし、ゆっくり座席周りのセッティング(必要なものを下において、残りを上にあげて)ができたので結果的にとても良かったです。

 

バシネット席は座席群の一番前のところにだいたいあります。

 

今回の席はこのプレミアムエコノミーの真後ろ、20D-Fでした。

https://www.ana.co.jp/be/int/seatmap/image/seatmap_89E.png

20H-Kにも同じく子連れの夫婦がいらっしゃってなんとなく安心感を感じました。

 

この席は前に座席がないので荷物を座席下に入れることができません。

 

しかし、一般的な斜めがけバッグ(ボディーバッグ?)くらいの大きさのものだったら足元に置いていていいのでそこにおしりふきなど入れてました。

 

離陸

バシネットは離陸後安定飛行に入って、シートベルト着用サインが消えた後に設置してくれるのでそれまでは抱っこ紐で子供を抱いています。

 

泣いたりぐずったりせずいい子にしてました。

 

耳抜き対策も忘れてて、よだれ出たらいけるだろってことで指をしゃぶってもらってましたがそのせいなのか、それをやらなくてもなのかわかりませんが特に泣きもせず。

 

手がかからなすぎて焦る。

 

子供が手がかからないので他の席を見たりしているとすでに映画を見ている人がいていいなーと思ったり。

 

この席はディスプレイも座席脇から出すタイプなので充電や映画は離着陸中はできないので、何かの充電が必要な人は事前に待合などでやっておくといいかと思います。

 

バシネット

安定飛行に入ったのでCAさんにバシネットを設置してもらいました。

 

釘みたいなのをさすだけの設置なので若干不安でしたが、ガタガタもせず全然大丈夫そうでした。

 

f:id:yoshitsugumi:20190911001934j:plain

乗った図。

思いの外高い場所にあります。

 

食事用のテーブルなどと競合しない位置なんだと思いますが、若干使いづらい。

 

f:id:yoshitsugumi:20190911001958j:plain

ご満悦でした。

 

f:id:yoshitsugumi:20190911002255j:plain

寝る時なんかはこんな感じで閉めると眩しくない。

 

なんか拘束具みたいだけど狭暗いのは安心するみたい。うとうとしている時に閉めたらすぐ寝てました。

 

 

ベビーミール+α

f:id:yoshitsugumi:20190911002525j:plain

冷え冷えのベビーミールをいただきました。

 

箱が可愛い。

 

f:id:yoshitsugumi:20190911002616j:plain

中身。

 

離陸後ミネラルアクアだけ飲ませてみましたがあんまり飲まず。自分で飲んでみたらOS1みたいな味がしました。

 

その後子供向けのおもちゃをくれました。

f:id:yoshitsugumi:20190911002800j:plain

風船かお絵かき道具(砂鉄みたいなので書くやつ)のどちらかと言うことなので後者を。

 

対象年齢3才以上だったのでいつかそのうち思い出話と一緒に渡してあげようと思います。

 

全体を通して

機内では2-3時間くらいバシネットで寝てくれていたと思います。(total7時間中)

 

ほぼぐずったりせず終始いい子にしていました。

 

オムツは2回ほど替えました。オムツ替え台付きのトイレがいくつかあり、そこで替えましたが普段のよりだいぶ小さく少しだけ替えずらかったですが使うのに問題はありませんでした。

 

総じて、めちゃくちゃ快適でした。

 

退屈したりもせず、子供の笑顔をみたりしているとあっという間に現地について、普段国際線に乗るより全然楽しかったです。

 

子供と海外、飛行機で若干不安ありましたが、全くの杞憂でした。

 

と言うことで、子供は覚えてないと思いますが、家族の絆が深まるような気もするので乳児がいる家庭は是非海外旅行に行ってみることをお勧めします。

 

 

 

次は宿などについて書こうかと思います。では。