ざっくんのブログ

育児休業中の多動男性のブログ(男目線で気づいたことや日々の行動を綴ります)

子連れで会社に行きました

スポンサーリンク

子連れで会社に行きました。

 

今流行りの?子連れ出勤じゃないですけど。

 

家から会社までは普段ならdoor-to-doorで45分くたい。

 

行きは15時くらい、

帰りは20時くらいの電車に乗りました。

 

 

感想

やっぱりエレベーターが多い、遠い、暑い

会社に着くまでに1時間くらいかかりました。

ベビーカーを押しているので遅いのもありますが、初めてエレベーター乗る駅だと探すのも大変だったり間に合わなくて一本見送ったりで思ったより時間がかかりました。

 

そして一番思ったのはエレベーター暑さです。むわっとして外よりすごい暑くてびっくりでした。夏はやばいですね。

 

サラリーマンが手を振ってくれる

普段の生活圏とは違うオフィス街に行き、職場のあるビル付近で多くの人に見ていただき、数人のサラリーマンが通りすがりやエレベーターで手を振ったりしてくれました。

 

我が子を思い出してくれたのでしょうか?

 

なんにせよ関西や九州ではどこだろうと子連れだとやたら話しかけられていたのが、ここのところ自分たちの生活圏では話しかけられなかったので、意外な場所で相手してもらえて嬉しかったです。

 

オフィス街殺伐としているイメージでしたが、人間味をすごく感じました。

 

 

打ち合わせが和む

とある打ち合わせをしに行ったんですが、まぁ割と真面目な会だったにもかかわらず終始参加者が笑顔でした。

 

会社にいるとき、子供が泣いたりぐずったりしないという幸運にも恵まれましたが。

 

ただ、オンライン会議の時も子供を抱っこしたりしてることが多く、その時も笑顔が普段より多い気がしているので、会議参加者へのなんらかの影響がありそうです。

 

 

同僚たちに子供を合わせられて嬉しかった

職場内をウロウロして子供をみんなに合わせることができました。

何人かには抱っこしてもらったりもしました。

 

なんだかわからない恥ずかしさみたいなのも感じていました。

 

子供あった時どうリアクションしていいのかわからない同僚を見て微笑ましいと思いました。

 

でも一番感じたことは、みんなが我が子を見て笑顔になってくれたのを見て嬉しいなと感じたことです。

 

職場がこんなに笑顔になることってあんまりないんじゃないかな。

普段からこういう環境にいれればいいのになって思いました。

 

最後に

子連れ出勤をどうこうしたい気持ちはありません。

 

単純に「子供には人を笑顔にする力があるな」ということと「本心からの笑顔に囲まれるというのは素敵なことだな」ということを感じました。

 

ただそれだけ。